尊敬すべき女性麗子像w 師匠

 理想像。。理想の女性理想の夫婦はわたくしにとって両親ではなく、わたくしが7歳から自主的に習いに行っていた茶道の師匠さんです。

 御主人とお師匠さんは、高校生の時からのお付きあいお師匠は高校卒業してもずっと広島ですが、彼氏だった御主人様は四年間大学で東京へ行かれて。。.。。遠距離恋愛中には

御主人様がとても素敵なかたなので、一度別れてしまったらしい

 しかし、他の女性と何人付き合ってものように明るく天真爛漫なお師匠の笑顔が頭をよぎるらしく四年間大学がすぎて、就職は\(^_^)/ワザワザ広島に帰ってこられたらしい。

そんな話しを、お稽古の途中わたくしが準備していた中学二年の頃御主人は自慢そうに何度もしてくださり.。。.。。「はっはッはッ○○くんまだまだ話し足りないな」といいながら気がすんだら二階に上がって行かれ.。。夕飯もわたくしのお稽古のせいでスゴク遅くなっても帰り道心配だからと、毎週とても丁寧に見送ってくださる御主人様                       憧れて、二人の息子さんと御主人様には義理でも毎年手作りでバレンタインは渡してました。

師匠は、茶道の時はかなり厳しい子供の頃からズバズバ怒りますが。。こんなに美味しい料理作る人いないわっていうくらい御茶事が美味しく、当時でも母親より年上なのに…黒髪おかっぱ頭のチャーミング♪

 わたくしがいただいたのは師匠から高学年だったような〜〜〜そんな楽しい人でした。

 もちろんほぼ毎日お着物で過ごして、旦那様とは何十年たってもお互いの良いところは認め合い、未熟な所は(笑)ながらフォローしあえる。。

 運命の人なんだろうなぁ

幼いながらお稽古も楽しかったけれど、今思いかえせばあのお二人のなかむつまじい姿を見に行ってたのかもしれないなぁ

 久しぶりに、お二人に会いたくなりました。お抹茶のお手前も頂きたいなぁ