『ひろしま』(1953)@新文芸坐

終戦、というか原爆投下からまだ8年くらいしか経っていない時期に公開された作品です。映画開始後のタイトルロールで、出演者のところでいきなり約8万人もの広島市民たちとエキストラの方々がトップに出たのに驚き。規模もそうですが、実際に被爆した人たちも加わっていたのは明らかで、僕らが映画を観た際によく使う「リアルだ」というのとまた異なる次元での「リアルさ」というか迫力を感じます。冒頭から原爆投下から数年後の原爆症に苦しむ女子高生の学校での様子が描かれますが、そこでの会話の中で被爆者の実態がまだ日本に、いや下手したら広島県内にも知られず、患者たちがその状況に甘えているとか原爆に遭ったことを鼻にかけているとかいったことが何度も強調されていた場面に不思議な違和感を覚えました。あんなに大変な目にあってるのに大変だねと言ってもらえない時代だったということなのか。そして場面は原爆投下当日にフラッシュバック。もう何度もこういう類いの映像は観てきたつもりでしたが、見つづけるのが非常に辛い地獄絵図に正直気分が悪くなりました。そしてそこで交わされる会話も聞いててきつい。被爆して生き残った人間が取るべき道は、自\xCA

❹鯒笋衒Ą文ǂ纂圈砲砲靴討˝發鯑世襪ʔ⇔硑澆鮗擷韻襪ʔ▲吋蹈ぅ匹魃◀靴討海修海柔犬④襪ʔ△箸いΔ海譴泙親䡄椶涼罎任眄犬④討い韻覆だ犬㍍蝋槪鮗┷兇垢觚斥奸8暁繒㌶絢暗気任老茲靴童譴蕕譴覆い任△蹐ε欄類凌深造鬚海慮暁耔蟆治固噱紊箸い♢魦紊冒呂蕕譴娠撚茲篭気┐討唎譴討い襪茲Δ糞い❹靴泙后◀△〵な⓰④ぁ\xA3